IUHW RC's Diary🚣🏾‍♀️

国際医療福祉大学ボート部です。ボート競技の魅力を熱く語りつつ、部員の日常、練習風景、ニッチなところまで、もっと私たちIUHWボート部を知ってもらうため、がんばっていきます!

朝活?運動?よし、ボート。

初めまして!新二年生のジムです。本当の名前は西澤一です(一と書いてはじめと読みます)。中学まではずっと東京で育ち、その後高校はオーストラリアで卒業し、一時向こうの大学にも在籍していました。オーストラリア時代に僕が名乗ってた名前がジムでした。


前回紗良に回されたお題は

  • 最近ハマっていること
  • オーストラリア時代について
  • フリートーク

でした!


~最近ハマっていること~ 
最近は YouTube と読書と自重スクワットだけで生きている気がする。
これでいいのか僕の春休み…!明日から本気出します。


~オーストラリア時代について~
豪州・西オーストラリア州のパースという街に数年間住んでました。
パースはすごい朝型社会なんですよ!
5am には仕事前のジョギングにいそしむ人たちがいて、
5pm には退勤後の労働者でパブがにぎわい、
9pm になると飲み屋さん以外の大体のお店は閉まっていました。
早く出勤して、その分早く仕事を終わらせて帰ることを美徳とする文化でした。
一方、僕は生粋の夜型人間でした。
夜型の友達と遅くまでホームパーティに参加するのが楽しみだったり、5am に仕事前のジョギングをする人々に混じって寝る前のジョギングをしてたり(目を覆いたくなります)。思いきり遊んでたからいい日々だったのですが、夜更かしライフにどっぷり浸かってました。
いずれ、朝型生活を強いる別のコミュニティーに入っていくとも知らずに。
そう、ボート部です。
ボート部には早朝練がありますが、これが僕にとっての入部後最初のハードルでした。だって、日の昇るだいぶ前から集まって練習すると言うんですよ?しかも一回きりじゃなくて週 2 で!でも、先輩方はもちろん、同期も早朝練やり始めてるし、ここで折れるのはプライドが許さない…!結局、「早朝練の経験があると、当直医になった時に有利」という言葉に騙されたと思って、頑張って早起きしてました。
入部して最初の収穫は、何のことはない、朝起きられるようになったということでした。
朝早く起きて、みんなが寝ている間に練習し、夜は趣味に没頭したり勉強したりができるようになって、一日の時間の流れが違く見えましたね。
「時間の使い方」にうるさい、けど新しいことをやってみたいあなた!早朝練があるこの部活を見つけたのは、ラッキーかもしれませんよ(勧誘)


~フリートーク~
ボート部に興味を持ったのは、「カヌー?ヨット?いえ、ボート。」っていう文章がきっかけです。これは、去年の新歓ビデオのキャプションです。一年前にその新歓ビデオを見て、ボートという競技について何も知らなくてもノープロブレム!入って!って雰囲気が感じられ、何か新しいことをやりたかった僕は飛びつきました。
最近は新入生を迎え入れるってどんな感じかなとあれこれ考えちゃうことが多いです。
そのヒントを得ようと、僕の入部当時を振り返って思うことは、先輩方は最初から僕を信頼して仕事を任せてくれてたんですよね。入部して間もないころ、ミーティングの議事録を取るとか艇の整備(リギング)の方法のマニュアルを書くとか重役がやりそうな仕事を、横やりを入れてくるでもなく普通に任されてました。普段口数の少ない僕ですけど、そんなでもちゃんと信頼して貰っているから好きなように動きやすかったのです。そんなわけで、僕は入ったばかりの新入部員を信頼して任せるっていうのが今の目標です。
(志望動機みたいなフリートークになっちゃったけど大丈夫??)
新入部員いつでも歓迎です!!
というか、なんであれ部活に挑戦してみてください!!


次回は

  • 1 年続けた感想
  • 今年度新しくやってみたいこと
  • フリートーク

で同期のひろこに回したいと思います!
医学部 2 年 西澤一

文武両道に、私はなる‥!(誰かさんのタイトルをパクりました、すみません笑)

はじめまして!
新2年(2年という響き、なんだかテンション上がりますね)の金谷紗良です!

 

自己紹介は苦手なので、直接本題に入らせていただきますね笑。

 

前回、大五郎ことイヒサンに回されたお題は

・ボート部に入った理由と続けている理由
・好みの音楽について
・フリートーク

です!

 

イヒサンみたいに面白いことは書けませんが、温かい心で読んでいただけると幸いです。

 

 


〜ボート部に入った理由と続けている理由〜

 

ボート部に入ったのは、、、一年前ですか。時が経つのは早いですね。

一年前、私は中高6年間ずっと文化部だったので、新しく運動部に入ってみたいと思っていました。でも今から新しくはじめられるスポーツって何だろう、テニス部やバトミントン部に入ってもどうせ経験者に押しつぶされるだけだし、、と思っていたところに現れたのがボート部でした。

IUHWのボート部員は全員、大学から新しくボートを始めた人たちです。ボートって、大学から新しく始めて活躍できる素晴らしいスポーツなんですよ!先輩方のボートに対する熱い思いに魅了されて、すぐに入部しました。

入ればわかると思いますが、先輩方のボート愛はすごいです。語彙力が足りなくて表現できないのが辛いですが、私もそんな先輩方に憧れて、1年の東医体までクォドAのCOXとして、毎日ボートに生きていました。懐かしいですね。

 

思えばあれが、過酷な日々の始まりでしたね。練習は辛いし、朝は眠いし、筋肉痛は痛いし、小見川は臭いし、桟橋の白鳥の糞をよく踏んでしまうし(それは私だけか笑)、そして何より勉強に集中できません‥!(といっても、ボート部は留年0ですし、例えば新2年では再試も1つか2つの人が多いですよ!)

ひとつ愚痴らせてもらうと、私は特待奨学生なのですが、上位50番以内に入らないと奨学金が維持できません。奨学金って、なかなかな大金です。そして、50番以内って、なかなか厳しいんですよ。上位20名は賢い賢い留学生が占めるので、日本人の中で上位4分の1に入らないといけないということです。

この前の成績開示まで、怖くて怖くて仕方がなくて、毎日友達に怖いと愚痴っていました。ついに、こうやってブログでも愚痴ってしまいましたね、末期です笑。

それはさておき、やはり維持するってなかなか大変なことなんですよ。ひとつ上の学年の奨学金生の先輩方なんて、もうずっと勉強していますね。すごいです。そんな中、早朝練で授業中眠かったり、放課後の勉強時間を取られたりするのって、結構キツいんですよね、、。

 

正直、辞めた方がいいのかなと思ったことは何度もあります。それでもボート部を続けているのは、学ぶことが多くて、自分が成長していると感じるからでしょうか。

 

辛い練習の後に見える景色ってやはり違うものですよね。辛いメニューが終わった後の達成感。それを仲間と共有する喜び。ボート部に入らないと味わえなかったものだと思います。

個人的には、同学年の友達に追いつこうと頑張ると、すごくモチベーションが上がりますね。それでタイムが少しでも伸びるとすごく嬉しいです。

あと、ボート部以外の友達に頑張ってるとよく褒められるのですが、やっぱり嬉しいですね。

 

一番勉強になっていると思うのは、勉強との両立の仕方ですかね。この大学ではなぜか、勉強に力を入れている人は基本的にガチな部活には入っていなくて、部活に入っている人たちはそこまで勉強には力を入れていないようですね。(それでも、先ほども言いましたが、ボート部は文武両道なので、留年0、再試も少ないですよ!笑)。奨学金生でボート部なんかに入っているのは私ぐらいでしょうか、、。

これって結構大変なんです。基本的にボートに生きる先輩達とは価値観が違いますね。テスト前だからと言って部活を休む人なんてほとんどいないですし、みんないつも全力でやっています(私は臆病なので、力を出しすぎて授業中とか眠くなってしまうのが怖くて、なかなか思いっきりできませんね、、泣)。中途半端なのってやっぱりダメなのかなとか思いつつも、私はなるべく勉強に支障が出ないように、うまくやりくりするようにしています。なかなかしんどいですが、将来的に女医として働く上でも、こういう力が必要になってくるのかなと思いますね。

それでも、価値観の違う人と同じ時間を過ごすって楽しいんですよね。キツいメニューを提案する人たちと、こいつら頭どうかしてると思いながらも、一緒にそのキツいメニューをこなす。必死に頑張る姿を見て、たくさんの新しい発見があるからでしょうか。なんかすごく良い刺激になって楽しいんですよね。(ドSなわけじゃありませんよ笑)

 

それから、大学生活において、何か2つのことをやるって大事だと思いますね。部活でも勉強でも何でも、うまくいかない時ってあるじゃないですか。部員や勉強グルーブの人たちとの人間関係がうまくいかなくなったり、漕いでも漕いでもタイムが伸びなかったり、頑張って勉強したのに点数が出なかったり。

私の場合だと、そういう時ってがむしゃらにやり続けても行き詰まることが多いです。そういう時に、2つやっているともう一つのことに一次的に逃れられるんですよね。そうやって別のことに夢中になっているうちに、糸口が見えてきたりするものです。

 

ってダラダラ書いてたら長くなっちゃった!笑。すみません笑

次の2つのお題は簡潔に終わらせたいと思います!

 

 

〜好みの音楽について〜


好みの音楽ですか、、。私、特定の歌手とかジャンルとかにハマるようなことってあんまりないんですよね。たまに友達とカラオケに行って、その友達が歌っている曲にハマることが多いですかね。

でも歌うことは大好きです!決して歌が上手いというわけではありませんが笑。いつも帰りが遅くて道に人がいないので、帰り道自転車に乗りながらよく歌っています笑(内緒ですよ笑)。綺麗な星空の下、自転車を漕ぎながら、熱唱するって、すごく気持ちいいものですね!

 

 

〜フリートーク〜


最近の話題といえば、、コロナウイルスですかね。コロナのせいで、部活の合宿も、いろんなイベントもなくなってしまったので、最近の話題といえば、本当にコロナしか残っていないです笑。

個人的には、周りに誰一人として感染者がいないのに、世間が騒いでいるので、そんなヤバいの?というのが本音です笑。

授業開始、遅れるらしいですね。授業映像になるのか、休みが伸びるだけなのか、、。個人的には、夏休みが潰れるのは嫌なので、授業映像になってほしいですね。

オリンピックも、延期になるらしいですね。となると、東医体も中止になっちゃうんですかね、、号泣。もう、祈るしかないですね、、。これを読んでいただいた皆さん、東医体がなくならないよう、一緒に祈ってください!みんなの思いが一つになれば、願いは叶う‥!笑

 


次回は、

・最近ハマっていること
・オーストラリア時代について
・フリートーク

で西澤一くんに回したいと思います!

 

ありがとうございました!

 


PS.新入生の皆さん!練習キツいみたいなことを書きましたが、先輩達もすごく優しいので、最初は軽〜くですよ!だんだんキツくなっていきますが、慣れますから絶対大丈夫です!中高文化部、体力0の私でもそうでしたから、大丈夫です笑。そのうち、自分が成長することや、仲間と一緒に頑張ることの楽しさがわかってくると思います!

 

 

医学部2年 金谷紗良

謎のトルコ人??日本に惨状??

みなさん初めまして!トルコ出身の大五郎です。本当の名前はグンデゥズ・イヒサンなんですけどね、学校が始まった初日に君の日本名は大五郎だ!とあだながつけられました

 

自己紹介するとややこしいことになるので、直接お題に入らせていただきます。

 

-今シーズンの目標-

 

僕は、小見川で練習している時に買ったばかりのアイフォン11を川に落としてしまいました(普段は携帯を落としたりしません!多分??)。ボートを初めて一年間、僕は未だに良い漕ぎができていないので小見川に恨まれたのかな~

 

見てろよー、メダル勝ち取って思い知らせてやる!

というのが僕の気持ちです

 

良い子のみんなはマネしないでね


-今行きたい場所-

 

正直に言うと観光するのもいいけど春休み中ずっと実家で過ごして家でゴロゴロすることに慣れちゃった

行くとしたら

Batmanにいきたいな~

実はDCコミックのバットマンとは違うんですよね。Batmanっていうのはトルコの観光地の一つで、もしトルコに行く機会があればぜひ行ってみてください

 

-フリートーク-

 

夏の東医体の時、ボート部でスイカ割のイベントをしました。はじめ君っていう友達が最初の一撃目を加えるんですけど、あの大人しいはじめ君が気合を入れて、「うりゃあ」って声に出してスイカを真っ二つに割ったことをついつい思いだしてしまう時があるですよね。あの大人しいはじめ君が…すげー

 

ボート部は、僕が大学生になって「新しいことやってみたいな~」って思って入った部活です。最初は試す程度のノリで入っていたんですけど、いつの間にかボートにはまってしいました。振り返ってみると、何でボートにはまったんだろうと思う時があります。そこで思ったことなんですけど、ボート部としてアクティブに活動していることによって、笑ったり、楽しんだり、時には悔しさを分かち合ったり、確かにボート自体も面白いですけど、ボート部での思い出から作り出された暖かい温もりを感じ続けたと思います

簡単に言うとボートにはまったのは、人々をつなぐボート部がすきだからでした

 

次回は

・ボート部に入った理由

・好みの音楽について

・フリートーク

で金谷紗良さんに回したいです

 

 

医学部2年 グンデゥズ イヒサン

新入生必読!!ボートの魅力🚣🏾‍♀️

f:id:IUHW__RC:20191026125157j:plain

お世話になっております。

前回に引き続きまして、マネージャーの髙森が失礼します。

予告にもあったように今回は「ボートの魅力」について語らせていただこうかと思います!!そろそろ書かんとよぐりに怒られちゃいます。

新歓シーズン目前ということで、

「ボートとはなんぞや……?船舶免許でも取るんか……??」

という感じの、ボート競技、Rowingを知らない方々に向けて熱く発信していきたいと思います!

(もちろん船舶免許は大丈夫です!!)

もちろんRowingに携わっている方々にも読み応えのある内容にしていきたいと思います。がんばります。がんばろーいんぐ。

(ちなみにRowingとは漕ぐことを意味します🚣🏾‍♀️)

『What's Rowing??』

まず軽ーーーくボート競技について!

ボートと聞いたらまず何を想像しますか?

競艇だったり、上野公園の手漕ぎボートだったり、芦ノ湖のスワンボートだったり。カヌーやヨットを思い浮かべる方もいるかもしれません。

水上競技?水の上のスポーツ?と想像したそこの貴方、大正解です。ボート競技は1900年にパリで開催された第2回オリンピックから正式種目になっています。

とっても歴史のある競技なのです。

YouTubeやGoogleで''Rowing''と調べていただければ、世界中での人気ぶりがきっとわかるでしょう。今このときも世界各地でRowingについて考え、艇の夢を見て、どこかの水域で漕いでるオアズマンがいるのです。素敵ですね。

じゃあ一体どういう競技なの?ということで、もう少しだけご紹介させていただきます。

種目により、1人〜9人の選手が同じ艇に乗ってオールで艇を進めていきます。直線のコースをどの艇が1番早くゴールできるかを競う、とてもシンプルな競技です。

いつか競技説明もしたいなぁ!!

COXと言うポジションも存在します。いわばクルーボートの司令塔。2000mのレースであれば、2000m丁度でレースを終えられるように舵を切りつつ、選手を水上で鼓舞します。

漕手と舵手が一体となったクルーボートの迫力は凄まじく、究極のチームスポーツとまで喩えられるほどです!!

ただひたすら漕いで漕いで漕ぎまくってゴールを競うスポーツに魅せられてしまった人が、日本にも世界にも、大勢存在します。

シンプルだけど物凄く奥の深いボートの世界。日本でもコースにいけばたくさんの人がいます。世間の認知度は低いかもしれないけれど、決してマイナースポーツではないのかもしれません。一緒にボート界を盛り上げていく仲間を募集中です。(宣伝)

『魅力』

「ボート競技の歴史が深くて奥も深くて沼も深いのはわかった!なんでそんなにボートに魅了される人が多いの?どういう魅力があるの?」

という声が聞こえてきます。ええ。

ボートの世界は魅力がいっぱいです。

まず、艇が美しい。水面に浮かぶとても洗練されたフォルム。惚れ惚れします。溜め息がこぼれますね。

是非、GoogleなりYahooなりTwitterなりYouTubeなりで''single scull''と調べてみてください。

「こんな細長いの!?沈んじゃうよ!?あと漕いでる人ムキムキだな!!?!?」

……初めて見たとき、誰しもが驚愕することでしょう。

オールもすごく長いのです。持たせていただいたときは心臓がバクバクでした。置くときにビビりすぎて同期に助けを求めたのはいい思い出です。

ボート競技は道具を大事にするスポーツなのです。艇やオールも高価なものですが、それだけが理由ではないと勝手に考えてます。

上手い人の漕ぎや速い人の漕ぎは、艇を主体として漕ぎ進めていく無駄のない漕ぎと言えます。

とにかく美しいのです。漕いでる人は年齢性別問わずに大体ムキムキの屈強な肉体の持ち主です。

「水面を滑る」という言葉が喩えとして挙がるように、とにかくすーーーーーーっと真っ直ぐ進んでいきます。とっても力強いのに、とにかく艇に優しい。あくまでも艇のエンジンとしてフルパワーで漕いでいきます。

人車一体という言葉を今日の学科教習で習いましたが、人艇一体という言葉も日本のどこかにありそうです。ボート競技は見ていて気持ち良いです。最高。。ほぅ。。

一見楽そうに見える無駄のない漕ぎこそめちゃくちゃしんどい。私はマネージャーとして高校からやってきてエルゴ2000mも回したことないひよっこですが、やっぱり漕手や舵手の方々はとにかくかっこいい。極限まで自分たちを追い込めるストイックさに脱帽です。

以前大学の講義でプレゼンがあり、Instagramでボート関係者の方々にボートの魅力についてアンケートを取った機会がありました。

漕手目線の魅力をちょっとだけ紹介していこうと思います!!

自然の中で行われる水上競技であることから、自然との一体感や非日常感を味わえるという意見が挙がりました。乗ったら水面との近さと広い景色に感動します!乗ったらわかります!(勧誘)

普段想像すらしない視点から実現するスピード感。

とにかく楽しいです。ちなみに小見川の同期は基本みんなカナヅチでした。ということで泳げない人も大丈夫です。(勧誘2回目)

また、クルーの漕ぎがハマったときの一体感やオールが揃って一気に艇が加速し滑ってく爽快感。これは艇に乗っている方々だからこその感覚なのでしょう。。

クルーで出艇して「たのしかったわ〜よかったわ〜」とあがってくる選手たちは本当に楽しそうに練習について話してくれます。1人乗りのシングルスカルでも「今日すごいよかった!」と教えてくれるのすごく嬉しいです。マネージャーの幸せタイムですね。(勧誘3回目)

そしてボート競技のキツさも魅力として挙げてくれた選手の方もいらっしゃいました。

脚を初めとして、全身の筋肉をフルに活用するスポーツです。

トレーニングも大変しんどいものとなりますが、それでも極限まで追い込んで耐えて強くなろうとする人が大勢いらっしゃいます。それを支えようとする人も大勢います。

絶対に自分の活躍できるポジションがある。私はボート競技に携わる全ての人を尊敬してます。勝手に。脱帽です。

筋骨隆々な選手たちがレースで漕ぎ終えたときの姿は鳥肌が立ちます。是非水域に足を運んでみてください。

ボート競技の魅力は語り尽くせません。

選手の屈強な肉体についてや司令塔であるcoxの素晴らしさ。

いっぱい食べていっぱい漕いでいっぱい寝る選手の強靭さ。そしてコーチや監督方の凄さ。

ボート部員のエルゴへの遺恨と信仰。

めちゃくちゃ漕いでて筋肉量もあるのに、可愛らしくも漕いでる姿が鼻血でそうなくらいかっこいい女子選手の方々。おかしい。

あと他大のマネさん可愛すぎでは??などなど、ブログに書き連ねたいことはたくさんあります。でもそろそろ引き揚げないと長すぎて収拾つかなくなっちゃいそう。

ということで、今回はここまで!

後々他の部員がもっと掘り下げた内容を書いてくれることでしょう。期待してます!

誤字脱字やオタク特有の脈絡のなさ、早口感などありましたら、生温い目で見守ってていただけると幸いです。

後期の合格発表も終えて、ついに本格的に新歓シーズン突入といったところでしょうか!!

国際医療福祉大学漕艇部をよろしくお願いします。

次は同期のイヒさん!

看護 新2年

髙森瑞希

ナイチンゲール に!!! 俺はなるっ!!!! \ドン!!/

はじめましての方ははじめまして!!

 

そうじゃない方はいつもお世話になっております!

タイトルはふざけただけなので許してください。

 

マネージャーの髙森瑞希です。

同期のよぐりに''誰よりもボートを愛してる''との最高のお褒めの言葉を頂きました。シアワセ!!

 

 

千葉県香取市にある地元の小見川高校で演劇部兼、ボート部でマネージャーしてました。

マネージャーといっても、小見川の選手たちはみんな自分のことは自分でやってくれるしっかり者たちなので、私は特にこれといったことは何もしてないです。実は。

ボートと出会わせてくれた小見川高校ボート部の皆さんにはいつまでも感謝でいっぱいです。

 

学部は漕艇部唯一の看護です。わーい!

ちょうど私が国際医療福祉を志望した高3の冬に前主将の友香さんが漕艇部を立ち上げてくださいました。有難いことに、大学生になっても看護の勉強をしながらボートに携わることができてます。とっても幸せです。

 

そんな幸せ者の髙森が前回よぐりに回されたお題は

 

「ボートの魅力」

「最近の話題」

「フリートーク」

の3つでした!!

 

ボートの魅力は今回語り出すと語彙力も知性の欠片もない文章になってしまうので、推敲に推敲を重ねてまた後日書きたいと思います!!

 

ということで今回は私のフリートークということで、次回(か、その次くらいには……)ボートの魅力を語る余力を残しつつ、張り切って書いていこうと思います!!

 

〜最近の話題〜

この世に生を受けて19年間千葉県民をやってきたわけなのですが、いま私は山形県にお邪魔しております☺︎︎︎︎

免許合宿のため滞在してるのですが、運転すっごく楽しいですね!わっしょい!4日目の今日はS字カーブとクランクをやりました。明日は朝から無線教習で1人でコースなので怖いです。頑張ります。

 

ちなみに教習所に通ったことのある人ならわかると思うのですが、OD式適性検査も受けてきました。

 

結果はなんと「1E」。察してください。

……免許どころか看護師、なれます?大丈夫?

 

中身すっごくビビりなので、適度にビビりつつ安全運転を心掛けていきます。本免取ったら漕手の代わりに運転できるようになりたいなぁ。

小見川から戸田まで車で運転できるようになりたいので、しばらくは高校の同期に練習お付き合いいただこうと画策中です。

 

運転も看護も、人の生命を奪わないようにがんばります。

 

皆さんも安全第一のRowingを心掛けて、明日も1日がんばろーいんぐ!( ¨̮ )♥

 

ということで次回は1年同期のイヒサンに回していきましょーう!!

 

お題は

「今シーズンの目標」

「いま行きたい場所」

「フリートーク」

でお願いします。

 

 

近いうちに「ボートの魅力」、熱く語っていきたいと思いますのでよろしくお願いします☺︎︎︎︎♡

乞うご期待!!

 

新入部員まってまーーす!!

 

看護1年 髙森瑞希(マネージャー)

1年間

はじめまして、1年生の笹田よぐりです!

 

出身高校は東京の渋谷区にある東京女学館で、中高6年間女子校でのんびりと育ちました笑

 

・ボート部に入部した理由

中高は水泳部だったこともあり大学では絶対水泳部に入る!と決めていました。ただ、この大学に水泳部は存在せず自分で立ち上げようとしても近くに練習できるようなプールがなかったのです…そこで新歓期間ギリギリでボート部の新歓に行ってみたところなんとなく雰囲気が良かった上東医体に出れる部活だったので実はなにも深く考えずにボート部に入部しました笑(小声

 

・1年間続けた結果

ボート部に入って1番変わったのは体重です笑!

ボートを練習するうちにみるみる痩せてしまい4月から9kgも痩せました。練習がきついぶんいくら食べても体重が増えないので“最高”と思っていましたが先日先輩に「ガリガリよぐり!」と言われちょっとショックでした笑笑。

もちろんそれだけでなく体力や精神力もつきました。大学の授業フルコマに加え、バイト(最近はじめた)週4部活週4の超ハードスケジュールにも耐えられるようになりました!

 

・最近の話題

運転免許とか勉強とかボートとか話題はたくさんありますが…やっぱり女性医師の生涯結婚率が1/3から1/4に最近減ってしまったことが私の周りでは話題ですね笑。今の生活を続けていると“気づいたら40歳”になってそうなのでどっかのタイミングで真剣に考えないとですね。ちなみに私のタイプは自分より食べる人です(←誰得w)

 

 

まだまだボートに関しては未熟ですが、これからも頑張っていきたいので周りのサポートや応援には感謝してます、そしてこれからもiuhwボート部をよろしくお願いします〜(^O^)

 

 

次は“誰よりもボートを愛してる”マネのたもちゃんに回したいと思います〜!

お題は

「ボートの魅力」

「最近の話題」

「フリートーク」

でお願いします!!

㊗️🎉

4月27日に行われた、成田市スポーツ協会表彰式の様子を大学のHPに掲載していただきました。下記リンクからページに飛べます。どうぞご覧ください。

 

https://narita.iuhw.ac.jp/topics/2019/05/06132.html